ホームステイ


SIL札幌日本学校では短期〜中長期にわたり、世界各国から来た学生に独自のカリキュラム指導法で日本語を教えている。 その中で学生が「素顔の日本人」と共に生活し、 日本語を学ぶために「日本のありのままの、日本語での生活」を体験することは非常に有意義であり、 日本語及び日本文化の理解に有効である。 SILホームステイ プログラムはこうした日本の家庭へ滞在する貴重な機会を作ることを目的とする。
そのため、より自由に生活をしたい人にはウィークリーアパートかボーディングハウスの利用を勧める。


費用

申込料:¥6,000(国内在住者の場合。海外在住者は¥10,000)

滞在費 2週間 1週間 1日延長
夏期(6月-9月) ¥38,000 ¥19,000 ¥3,200
冬期(10月-5月) ¥42,000 ¥21,000 ¥3,500


和室写真
room room room room


ホームステイの概要

対象 当校にて日本語を学ぶ学生(主に1週間以上の集中コース)。
家族 家族構成は受け入れ先ごとに異なる。申し込みの時期、滞在期間によって複数の家庭に滞在する可能性がある。
所在地 概ね札幌市内。
部屋 和室または洋室の一部屋。勉強用の机(又はテーブル)と布団(又はベッド)付き。小学生の子どもと寝室を共有する場合あり。掃除は自分で行うこと。
食事 朝食及び夕食付き。各自で作ることもある。外食などにより不要になる場合は必ず、その旨を事前にホストファミリーに告げなければならない。
設備 門限、シャワーの使用時間、喫煙場所、食事時間などは個別にホストファミリーと相談の上で決定すること。他、備品は受け入れ先家庭により異なる。また家庭にある電話およびコンピュータの使用は禁止。
洗濯 ホストファミリーの洗濯機を使用可。
言葉 生活の場で積極的に日本語を話すこと。またホストファミリーからの希望があった場合は日本語以外の言葉で話す時間を相談して決めること。
トラブル 言葉の壁、文化の違い、気持ちの行き違いなどによりトラブルが起きた場合、SILは解決のために最善を尽くす。必ず滞在中にSIL担当者へ相談すること。
その他 家事は積極的に手伝うこと。
次年度以降SILのコースに通学する時にホームステイを希望する場合、SILを通して申し込むことを前提とする。



決定からホームステイ開始まで

1 2 3-A
学生からの申し込み及び費用の支払いが完了した後、 登録されているホストファミリーの受け入れ希望と照合し、 アレンジした上でSILがホームステイ先を決定する。 決定後、ホストファミリーのフォームを郵送する。 また同時期に学生のフォームもホストファミリーに郵送される。 グループで来札の場合、 学生の到着時に当校スタッフによる空港での出迎えがあり、 SIL又はホストファミリー宅にて、 当校スタッフによりホストファミリーへ紹介される。
3-B
単独で札幌に来る場合はなるべく早く、 事前に学生より直接ホストファミリー宅へ来札日時を連絡しておく必要がある。 またホストファミリーの JR札幌駅(集合場所地図参照 Map) での出迎えがある。




上記の規定及び料金は2010年10月23日以降の利用に適用。