SIL札幌日本語学校 独自作成教材のご紹介

SILInstructors

 過去20年以上にわたり、外国人に日本語を指導をして来た経験を生かし、日本語ボランティアにはどんな知識と技術がもっとも必要とされているのかを考えました。

 例えば、生命の危険を感じるような地震や台風などの災害緊急時は、日本語理解能力が十分ではない外国人が最も不安に感じるであろうことは想像にかたくありません。

 緊急時のみならず、日々の暮らしの中で、情報弱者にならないための必要不可欠な情報は何なのか、私たちは言葉も文化も違う外国人に、どうやってその情報を伝えたらいいのか。そのような疑問を持つ日本語ボランティアの立場で、生活を取り巻く諸問題を横断的にとり上げ、外国人への情報伝達の場面を想定して、ハンドブックを作成しました。

 1)『日本語ボランティアのためのハンドブック』では、主として日本語ボランティアの方々が知っておきたい札幌の暮らしの情報や必要な言葉、言い換え例を5ヶ国語(英、中(簡体字・繁体字)、韓、露、タイ語)の語彙表とともに、2)『災害と介護の日本語を学ぶ・教える』では介護や災害時の知識を会話の中でまとめ、練習問題も作成しました。

 ご希望の方にはPDFデータ、もしくは郵送にて販売します(各冊800円、郵送料込)。


お問い合わせ先
SIL 札幌日本語学校
代表 島 治美
〒060-0062
札幌市中央区南2条西18丁目291
ベル医大前 1F

Tel/Fax:011-614-1101
E-mail: info@silnihongo.com